梅雨が終わると、いよいよ夏本番。日差しが強くなり暑くなり、空には白い入道雲が広がり、青い空とのコントラストが美しいです。

日陰に入るとさわやかな風を感じたり、夕涼みで心身共にリフレッシュと、夏ならではの楽しみも感じながら暑い夏を乗り切りたいですね。


平成30年7月ご案内

◆7月15日(日)御本尊法要 午後1時から
 年回、祥月命日、月命日等の先祖供養、ご縁ある方々のご供養もお受けいたします
 紙塔婆冥加料(供養料) 一枚 一千円
 *当日、紙塔婆をお書きください


◆7月28日(土)不動護摩法要 午後1時から
 荘厳な護摩の炎を間近にしての祈祷法要にご参加ください
 護摩木 一本 五百円
 紙塔婆冥加料(先祖供養のため) 一枚 一千円 
 *当日にお申込みの方はお早目にご来院頂き、護摩木と紙塔婆をお書きください

 

◆7月31日(火)秘仏観音御開帳 記念法要(5年に一度の秘仏 如意輪観音菩薩 御開帳)

 期間:7月31日(火)御開帳~9月28日(金)結願


法乗院近景



Urban Temple   都会のお寺 高野山真言宗  京都 法乗院

 

 人生は自分の船で大海原を行く厳しい航海のようなもの。穏やかな日もあれば嵐のような日もあります。

 仏教の教えである法をその羅針盤としていただき、その人生の海原を進んでいただきたい。

 法乗院は、皆さまお一人お一人の航海において、小さな港でありたいと思っております。

 

 弘法大師様が、今も奥の院で修行されていると言われる高野山。

 法乗院は、その高野山真言宗密教寺院であり、白い4階建てのビルの中には、1200年の歴史有る高野山真言宗の教えが詰まっております。

 

 2階本堂にて、如意輪観世音菩薩を本尊とし大日如来尊、不動明王尊、弘法大師、諸尊をお祀りしており、第三日曜日には御本尊法要と合わせて、彼岸会(3月と9月)、糸供養(4月)、人形供養(5月と10月)、盂蘭盆会(8月)、大祭(11月)等の行事を行っております。

 また、4階護摩堂においては不動明王尊を本尊とし、毎月28日には、護摩修法(護摩焚き)を行っております。

 

 仏様のお力をいただき、皆さまをお支えさせていただきたいと日々精進いたしております。

 笑顔で人生という日々の航海を続けていただくことこそが法乗院の使命だと思っております。

 

 護摩祈祷をはじめ、諸供養を行っております。

 宗派を問わず御参詣ください。

 

*各種祈祷、先祖供養、水子供養、易、名付けを、お受けいたしております。

*特に、週末の人生鑑定(相談)では、お一人おひとり笑顔になって頂いております。

 

 ぜひ一度、お気軽にお立ち寄り、お問合せ下さいませ。

 



書道教室のご案内

先覚紫式部に学び、楽しく毛筆に親しみませんか?

月謝:月2回 初級3000円

(詳細はお尋ね下さい)

総合受付

TEL 075-781-1566

※寺務所の受付窓口は、午前9時から午後4時迄です

 

FAX 075-781-2376

※ご連絡先の明記をお忘れなく記載してください