平成三十年度 戌年 

 

 

運 自 力

 

  運勢は自分の力で全てを動かすこと

平成二十九年度 十二月の標語 廣大無辺を知ろう

 

 

辛き 苦しさある者 呆然と佇むは悲しい姿 

一心に神仏に頼る精神を持ち 懸命なるは美しい姿

成就の暁は世に咲く花以上に美しい

平成二十九年度 十一月の標語 廣大無辺を知ろう

 

 

身に生じる負担を持つ者が

すがり たよれることがあることは 尊い喜びである

見知らぬところからのうるおいに感謝である

平成二十九年度 十月の標語 廣大無辺を知ろう

 

 

願望成就のためには

じっとして唱えるばかりの願いでは 先行き開かず

身と心を働かせることが大事

平成二十九年度 九月の標語 廣大無辺を知ろう

 

参詣とは… 愚痴や願いを申すものでなく
己の喜びとすること 現状の報告が大事なことである
何でもかんでも申せばよいでは 詣でる意味なし

平成二十九年度 八月の標語 廣大無辺を知ろう

 

金物とは必要において

知らずながらに寄ってくるもの

浄財こそ全てが血肉となる

 

 

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

平成二十九年度 七月の標語 廣大無辺を知ろう

 

厳しい辛さを自覚する者は 古木の一生を感じとめ 

何事をするにおいても 諦めることなく

遂げるべきは一心に着実に成すことである

 

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

平成二十九年度 六月の標語 廣大無辺を知ろう

 

願望成就の喜びを得るにおいては、さとし与えられる課題を善意に受けとめることより、望み以上の喜びが得られるものである

 

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

平成二十九年度 五月の標語 廣大無辺を知ろう

 

疲れた時、吹く風にそよがれるのも心地良いものであるが、物事を考え、

結果、結論が出せた時こそ、思い切りができ大きなさわやかさを感じるものである

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

平成二十九年度 四月の標語 廣大無辺を知ろう

 

学問は 自分で思考したことをまとめ 保存してゆく
そうする事で 学ぼうとする事が見出せるのである

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

平成二十九年度 三月の標語 廣大無辺を知ろう

 

 

行とは四季問わずなすするものであって

自分の都合に合わせてするものではない

厳しい時におこなう行ほど尊いことで

気軽におこない易い行は雑念を乞う

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

平成二十九年度 二月の標語 廣大無辺を知ろう

 

 

人の輪を結ぼうとする時 あせっては損をする

十分心中をうかがい知るには様々の境遇をよく見 知ることで

輪が結べるものである

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

平成二十九年度 一月の標語

平成二十八年 十二月の標語 廣大無辺を知ろう

 

 

皆 共に輪を結ぶことはむずかしい
境遇の様子を克服し 人との出会い多く知り感受してこそ

初めて輪で結ぶことができる

 

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

平成二十八年 十一月の標語 廣大無辺を知ろう

 

 

成すことに信念をこめて 一願成就

身辺を見定めつつ 願うことを感じ 成就のために行を積む

 

 

折れるまで耐えて忍ばん竹の節

 

平成二十八年 丙申の標語

 

財中福  財宝を正しく使用する事によって生ずる福

 

折れるまで耐えて忍ばん竹のふし

 

住職書

変わらずに、変わりゆく。

 

2015年、高野山開祖1200年。

 

高野山金剛峯寺

高野山普賢院様より大黒天尊を授与いただき御開帳しております。